美容マスク口コミ人気ランキング

@コスメや楽天レビューなどを参考に評価の高かった美容マスクを独自に選んでみました。掲載した口コミは各公式HPまたはレビューサイトから一部抜粋させて頂きました。

BAザマスク

業界初のプレスインマスク!目の周りやほうれい線にもフィットして弾力肌に

BAザマスク

泡で出てくるタイプのマスクですが、ホイップの密度がすごくてかなり濃厚。洗い流さずハンドプレスで美容成分を無駄なくお肌に入れられるなんて優れものです。一度の使用で、小じわが薄くなりました。皮膚の深いところまで浸透していると思います。肌がふっくらしてハリが出てきてたので、自分の肌を触るのが楽しくなってきます♪

POLA最高峰ライン・BAのマスク。B.A ザ クリーム約10回分の美容成分量を1回で浸透させられる泡がしっかり密着するので、本当にケアしたい目の周りやほうれい線にフィットして肌の弾力を取り戻してくれるのが特徴です。また泡を肌に浸透させるプレスインマスクなので洗い流しや拭き取りの必要がありません。これまでの美容マスクでは満足できない人に。
60g21,600円・税込

フェイスマスク ルルルン

シリーズ累計3億枚突破!スペシャルケアが毎日できるのにプチプラが嬉しいマスク

ひたひたですが、液だれも全くありません。付けているときから潤い感があります。ルルルンのマスクは一番付けやすく、はがれにくいので好きです。はがした後はしっとりとしていて、ふわふわ肌になりました。感激です。

大容量でデイリー使いができるマスクです。ヒアルロン酸Naやアカシアハチミツなど、5000種類から厳選した美容成分を480ml(化粧水4本分)も配合しているのが特徴です。高級マイクロファイバーを使用したシートは、目に見えないほど細かい繊維でしっかりと密着。さらに使い勝手を考えた箱タイプでさっと取り出すことができ便利です。贅沢なケアができるのにプチプラでリピーターも多いマスクです。
1500円・税別
公式HPへ

輝肌マスク

プラセンタ配合で乾燥肌がプルプルに!毎日使えて手軽に潤い補給できるマスク

美容マスクおすすめ輝肌

毎朝化粧水代わりに使っています。忙しい時間帯にメイクまでの数分でもマスクをしたまま家事ができて一石二鳥。シートも皮膚にピッタリ張り付き、サイズもちょうど良いです。驚くぐらい肌がツルツルになり化粧のりが良くなって、最近ツヤツヤしているとよく言われるように。潤いだけでなく、リフトアップ効果もありました。

プラセンタを始め7つの保湿成分配合のマスク。洗顔後、化粧水の代わりに使うことにより、塗りムラや塗布による刺激を防ぎつつ、美容成分を効率よくしっかり浸透させてくれるのが特徴です。また毎日使うことにより角層から健康な肌にしてくれます。スキンケア製品の浸透が悪くなったと感じている乾燥肌の人にお勧めです。
30枚入り4,860円・税込

ミキモト コスメティックス エッセンスマスクLX

3つの真珠成分配合!寝る前10分で疲れた肌を潤いのある若々しい肌に整えるマスク

美容マスクおすすめミキモトコスメティクス

1枚に美容液17mlも入っているなんて、すごく贅沢!ミキモトの真珠を連想させるミルク色で、コクがあるテクスチャーがたっぷりなのにマスクが乾いて行くのが分かり、浸透力がいいのが実感出来ました。無香料・無着色なのも、お肌に優しそうだし誰でも使えます。本当にお肌がぷりっとして艶がでて翌日もふっくらとしていました。

真珠成分を使用したミキモトコスメティックスのシートマスク。就寝前10分使用すると、美容成分が角層まで浸透してモチモチの肌にしてくれるのが特徴です。また就寝中もパールコラーゲンなどの整肌成分が保護膜を作って、浸透した成分が蒸発するのを防いでくれます。無香料・無着色で、敏感肌の人でも使用できるのが魅力です。
6枚入 9,000円・税別

メンソレータム メラノCC 集中対策 マスク

うっかり日焼け後に!シミも乾燥もWケアする4種のうるおい成分配合のマスク

美容マスクおすすめメラノCC

ウェットティッシュ方式でボックスに入っていますが、一枚一枚取り出しやすいです。薄いパックですがしっかり密着するので、動いて作業していても取れたことはありません。香りは柑橘系でひんやりして毛穴がキュっとしている感がたまりません。肌のキメが整ってきてスベスベに。透明感も出てきたように感じました。

ビタミンC誘導体を配合したメラノCCシリーズのシートマスク。天然コットン100%のマスクに配合されたビタミンC誘導体・ビタミンE誘導体を含めた4種類のうるおい成分が角層まで届いてくれるのが特徴です。またうっかり日焼けしてしまった後の集中ケアにもぴったりです。沢山入っているので頻繁に使いたい人にぴったりです。
20枚入りオープン価格

 

※価格やキャンペーン情報などは変更している場合がありますので公式サイトで最新の情報をご確認下さい。

BAザマスク 52歳 乾燥肌  

1.その時のアナタの肌の状態と悩み

BAザマスク

乾燥肌でハリの低下も気になっていました。50代になるとお化粧のノリも悪く、一気に年齢を感じます。

 

2.その美容マスクを選んだ理由は?

最初は友人にプレゼントとして頂いたのがきっかけです。使用前に商品について調べたのですが、悪い口コミはほとんどなく、さすがポーラのBAだなっと思いました。

 

3.最初の印象(テクスチャーと刺激・使い心地)は?

見た目は髪につけるスタイリング剤のよう。ムース状の美容マスクでとても気持ちがいいです。浸透力はあまり期待していませんでしたが、ハンドプレスして馴染ませるとしっかり浸透してくれます。しっとりとした肌触りになり、使った瞬間からパーンとしたハリがでてきました。香りも高級感があります。

 

4. 効果(改善された点)と他の美容液との違い、良くなかった点・改善して欲しい点

乾燥が気にならなくなり、キメが整ったように思えます。そのおかげでお化粧のノリもよくなり崩れにくくもなりました。何よりもハリを感じるようになったのが嬉しいです。美容マスクの効果って一時的なものが多いですが、BAザマスクは別格だと思います。

 

BAザマスクの公式HPで詳しく見てみる!

 

美容マスクの失敗しない選び方

美容マスクは肌に密着させることで有効成分をしっかりと浸透させられる点が魅力のアイテムです。美容液でのケアでは十分な効果が得られない方、加齢による衰えが気になっている方などにとくに適した選択肢です。

美容マスクを選ぶポイントは配合成分

美容マスクの選び方

しかしどんな美容マスクでも効果が期待できるというわけではありません。あくまで製品の品質と自分の肌との相性をよく踏まえたうえで適切な製品を選んでいくことが大事です。

 

そんな美容マスクの失敗しない選び方の第一のポイントはやはり配合されている美容成分です。

 

まず自分が何を目的に美容マスクを使用するのかを明確にしておきましょう。保湿目的、エイジングケア目的、美白目的、あるいはたるみや毛穴の開きを改善するために使用するケースもあるでしょう。どの目的にはどの美容成分が適しているのか、そしてどの製品にどんな美容成分が配合されているのかをしっかりと確認しておきましょう。

 

美容マスクには美容液にもよく配合されているおなじみの成分のほか、植物由来をはじめとしたさまざまな成分が使用されています。あまりなじみのない成分もあるのでその内容や効果についても見ておきたいところです。

美容マスクを使う頻度や使い心地も重要

美容マスクの選び方

それから使用する頻度や使い心地も見ておきましょう。基本的に美容マスクは毎日使うものではなく、肌環境を見極めながら数日に1回程度の頻度で使用します。

 

具体的な頻度や使用する時間は製品によって異なりますから、自分の都合のよい形で使用していけるものを選びましょう。使い心地に関しては我慢すればいいという部分もあるのでそれほど気にする必要はありませんが、使用後の肌の感触やベタつきなどのこともあるのでチェックしておきましょう。

 

そして最後のコストパフォーマンス。他のスキンケア製品と同様、継続して使い続けることが大前提ですから、経済的な負担が重荷にならない程度に使用できる価格帯から選ぶのが大前提です。そのうえで効果と費用のバランスを考慮し、コストパフォーマンスに優れたものを選ぶようにしましょう。

 

こうした選び方のポイントを踏まえたうえで美容マスクのメリットを最大限に活かし、さらに美容液や乳液との相乗効果が期待できるような製品を使っていきたいところです。

 

目的に合わせて美容マスクを選ぼう-美容マスクの種類-

1.保湿対策で使いたい美容マスクの選び方

美容マスクにはさまざまな美容成分が配合されています。それだけに目的に合わせて適切な成分が配合された製品を選んでいくことが大事です。

保湿のための美容マスクでは浸透性が大切

美容マスクの選び方

保湿対策で美容マスクを使用する場合にはやはり保湿成分をいかにうまく補うことができるかどうかがポイントです。とくに30代に入るとセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分の含有量が減少していきますから、それをうまく補うことができる美容マスクを選んでみましょう。

 

保湿成分に関してはセラミドが重要で、どれだけうまく補うことができるかが保湿対策の効果を左右します。含有量だけでなく浸透性や種類にも目を向けたいところです。

 

ヒト型セラミドが使用されているほか、セラミドの種類の中でもとくに保湿対策に適しているといわれるセラミド1、セラミド3、セラミド6Uなどが配合されているのがお勧めです。なお美容マスクは美容液などに比べて浸透性が高いのが大きな魅力ですから、ナノ化による浸透性のアップなどの処方が施されているかどうかも見ておきましょう。

保湿成分が入った美容マスクは肌を保護する役割も

美容マスクの選び方

こうした保湿成分以外にも美容マスクには保湿に役立つ成分が配合されています。とくに重要なのは肌を保護する効果。乾燥した肌は同時にバリア機能も低下していますから、それをうまく保護することが大事なのです。それができていないとせっかく保湿成分を補ってもすぐに蒸発して失われてしまうことになりかねません。

 

この点に関しては皮膚細胞を活性化させるプラセンタエキスのほか、抗酸化作用に優れたコエンザイムQ10やアスタキサンチン配合の美容マスクがお勧めです。乾燥肌はターンオーバーに乱れが生じていることも多く、それを改善することで肌環境そのものの健康状態を向上していくわけです。

 

保湿はスキンケアの基本ですから美容マスクのメリットを最大限に活用して対策を行っていきたいところ。それだけにこれらの成分をうまく補えるかどうかに着目したうえで選んでみましょう。美容液や乳液ともうまく組み合わせれば乾燥の悩みを効果的に改善していくことができるはずです。

2.美白対策で使いたい美容マスクの選び方

美容マスクを美白で使いたい場合にはまず美白成分に着目する必要があります。美容マスクは浸透性の高さが大きな魅力ですから、角質層の隅々にまで美白成分を浸透させることでシミの原因となるメラニン色素の生成を効果的にブロックすることができます。

美白対策で使う美容マスクではプラセンタがおすすめ

美容マスクの選び方

ただし、美容マスクに配合されている美白成分が原則として効果が緩やかなものが主流です。美白成分の場合、ハイドロキノンに代表されるように効果が高ければ高いほど肌への負担が大きくなる傾向が見られます。

 

そのため肌に密着して浸透させる美容マスクにあまり刺激の強い美白成分を配合してしまうと効果よりもかえってダメージの方が大きくなってしまう恐れがあるのです。

 

現在出回っている美容マスクでよく配合されている美白成分の代表格がプラセンタエキスです。もともと皮膚細胞を活性化させるエイジングケア効果で有名になった成分ですが、近年の研究でメラニン色素の生成をブロックする美白効果も備わっていることが明らかになりました。

 

もともと肌への刺激も少ないこともあって美容マスクに配合する美白成分として広く活用されているのです。プラセンタエキスの場合、馬、豚、羊、植物由来などどの原材料から作られているかによって効果や価格が異なってきますのでできるだけ詳しく確認しておきましょう。

 

品質の高さでは馬由来、価格の安さでは豚由来がもっとも適しているといわれています。

美白成分に頼らず肌環境の改善をメインに考えて美容マスクを選ぶ

美容マスクの選び方

プラセンタエキス以外の美白成分ではアセロラエキス、カミツレエキスといった植物由来のエキスが配合されているものもあります。これらもハイドロキノンやアルブチンといった美白成分に比べると効果の点ではやや劣るのでどれだけの効果が得られるのかを確認しておきましょう。

 

美容マスクでの美白対策は美白成分に頼るのではなく、バリア機能の向上やターンオーバーの活性化といった肌環境の改善がメインとなります。

 

これらの効果によってそもそもメラニン色素が作られにくい肌環境にするわけです。ビタミンC誘導体やセラミド、レチノールといった肌環境の改善に役立つ成分にも目を向けて美容マスクを選んでいきましょう。

3.たるみケアで使いたい美容マスクの選び方

たるみケアのポイントはエイジングケアとリフトアップです。そもそもの原因となる老化をできるだけ防いでいくのはもちろんですが、たるんでしまった部分を再び引き締めるための対策も欠かせません。そして有効成分を角質層全体に浸透させることが重要になるため、美容マスクが対策において大きな意味を持ちます。

たるみにはリフトアップ成分とエイジングケア成分が配合された美容マスクを

美容マスクの選び方

そんなたるみケアで使いたい美容マスク選びではリフトアップ成分とエイジングケア成分がいかにバランスよく配合されているかが鍵となります。どちらか一方ではなく両方をバランスよく備えているものを選びましょう。

 

難しいのはリフトアップ成分です。そもそもこの効果が期待できる成分を配合した美容マスクは限られている面があるほか、どの成分がどれだけの効果が得られるのかよくわからない面もあるからです。

 

保湿成分や抗酸化成分などはよく知られた成分があるため名前を聞いただけである程度の効果が予想できますが、リフトアップ成分はスキンケア製品に配合されるようになってまだそれほど時間が経過していないこともあってかあまり知名度が高くないものが多く、成分表示を見てもわかりにくいのです。

リフトアップ成分の種類によって美容マスクの違いが出るので詳しくチェック

美容マスクの選び方

現在美容マスクに配合されているリフトアップ成分でお勧めなのはアルジレリン、アラントレイン、ガラクトミセス培養液、アロエベラエキスなどです。

 

これらの成分はすでに美容液でも使用されている成分で一定の効果が期待できるからです。他には最新のリフトアップ成分として注目されているシンエイクやオトギリソウエキスなども挙げられます。このリフトアップ成分の種類によって各製品の違いが出てくることも多いので詳しく見ておきたいところです。

 

エイジングケア成分ではアスタキサンチンやコエンザイムQ10、EGF、フラーレンといったおなじみの成分のほか、優れた栄養価を備えているローヤルゼリーやローズマリーエキスなどの植物由来のエキスもお勧めです。老化対策を行いつつ肌を引き上げてくれる美容マスクをうまく探してみましょう。

4.アンチエイジングで使いたい美容マスクの選び方

30代を過ぎた肌にとってアンチエイジングはスキンケアの最大のポイントとなります。老化は乾燥をはじめとしたあらゆる肌トラブルの原因となりますから、いかにスキンケア製品でうまくカバーしていけるかが若々しさと健康を保つうえでの生命線です。また老化が進行するとスキンケア製品に含まれている有効成分が浸透しにくくなる面もあるため、美容マスクの重要性が非常に高くなります。

抗酸化成分やターンオーバー促進効果のあるものがオススメ

美容マスクの選び方

そんなアンチエイジング目的での美容マスク選びではまずなんと言っても抗酸化成分がどれだけ含まれているかどうかが大事です。老化の根本の原因となる活性酸素を抑制する抗酸化成分がたっぷりと配合されているものを選びましょう。

 

お勧めの成分としてはまずプラセンタエキスが挙げられます。さまざまな美容マスクに広く配合されているもので、皮膚細胞の働きを活性化することでターンオーバーを促す効果があるほか、コラーゲンの生成を促しハリと弾力の改善にも役立ちます。

 

さらに近年では美白成分として配合される機会も増えており、シミの対策にも役立てることができます。

老化を防ぐ成分だけでなく保湿成分にも着目する

美容マスクの選び方

それから美容液にもよく配合されている抗酸化成分、アスタキサンチンやコエンザイムQ10、EGF、フラーレンといった成分が含まれているかどうかも見ておきましょう。せっかく浸透性に優れているのですから、こうした成分を角質層の奥までしっかりと浸透させられるかどうかが大事です。

 

他にトコフェロールやアーチチョーク葉エキス、ローズマリーエキス、ガラミトミセス培養液、ローヤルゼリーなど製品ごとにさまざまなアンチエイジング成分が配合されています。それぞれにどういった効果が期待できるのかを見た上で判断していきましょう。

 

アンチエイジングでは老化を防ぐだけでなく保湿対策も大事です。乾燥とバリア機能の低下を改善し、活性酸素が発生しにくい肌作りを目指していくためにもセラミドやヒアルロン酸をはじめとした保湿成分が含まれているかどうかもチェックしておきたいところ。アンチエイジング成分とのバランスも考慮しながら選んでいきましょう。

更新履歴